IC-PCR1500の受信音声 防災行政無線編

2016.03.02

松山市からクルマで約3.5時間、四国の最西端、愛媛県西宇和郡伊方町(旧三崎町)佐田岬駐車場での受信調査です。
佐田岬へ行くにはいくつかルートがありますが、松山市内から国道56号〜国道378号〜国道197号〜愛媛県道256号のルートをオススメします。
伊予市双海町から八幡浜市保内町までの国道378号線区間は瀬戸内海に面した快走路で、天気のいい日のドライブにはもってこいです。
三崎町の国道197号線の末端までは完全2車線なのですが、愛媛県道256号線に入ると狭くなるので注意が必要です。

今でこそ2車線の快走路となった国道197号線 佐田岬メロディーラインですが、このバイパス路が完成するまでは「行くな(197)酷道」と呼ばれる悪路でした。
リアス式海岸なせいもあって地形が入り組んでおり、旧道は1車線で曲がりくねっており、アップダウンも激しい道路だったようです。
道中には何かと話題になる四国電力 伊方原子力発電所(県道で下りていきます)や風力発電所、八幡浜局がある権現山などがあります。
※ 権現山については後述します。

自宅を9時前に出発し、昼過ぎに佐田岬駐車場に到着しました。狭い県道256号には対向車が多く、大型バスもやってきたので難儀しました。

 佐田岬駐車場から見た佐田岬方面。対岸の大分県も見えます。
 駐車場の橋のほうのスペースを借りてアンテナを設営。

 DXアンテナのFM-5Nを4mの物干し竿で上げています。 

この日は佐田岬灯台へ向かう徒歩県道で工事が入っているらしく、工事関係の車両が多数停まっていました。
他にも灯台を訪れたと思われる観光客、地元の海藻やミカン、切り干し大根を売る地元の方などでそこそこ賑わっていました。
その地元の方に特産品いかがですか? と声をかけられたものの、手持ちが少なかったので辞退しました。

準備が完了したところで調査開始。まずはPL-398MPを使ってのFM補完局の帯域から調査に入ります。


受信周波数 受信局 送信局 受信レベル
(dBμ)
受信評価 備考
90.2 RKB毎日放送 福岡 12 2 ノイズは少ないもののステレオにはならず。
90.4 MRT宮崎放送 宮崎 35 5 ステレオで強力にアニソンを届けている。
90.7 NHK第一 大分 佐伯 44 5 この局はNHK第一のFM補完局という扱い。
91.0 RKB毎日放送 福岡 12 2 KBCと同様、ステレオにはならず。
91.2 RNB南海放送 八幡浜 10 1 送信アンテナが逆方向を向いているため状態は悪い。
91.5 RKB毎日放送 北九州 25 4 スノーノイズは乗るもののステレオ受信可能。
91.7 RNB南海放送 宇和島? 26 1 ステレオ受信可能。アンテナの方角から宇和島局と推定。
92.3 KRY山口放送 周南 47 5 ノイズも無く強力に受信可能。
92.7 KBC九州朝日放送 行橋 05 1 何とか受信している状態。
93.0 KBC九州朝日放送 糸島 01 1 かなりノイジー。限界です。
94.0 KBC九州朝日放送 北九州 21 4 RKB同様、ノイズは多少乗るもののステレオ受信可能。
94.6 KBC九州朝日放送 糸島 00 0 アンテナの向きによってはRCCが混信してくる。
94.8 RKB毎日放送 行橋 01 1 こちらも限界。

このように、福岡のFM補完局は受信状態に差はあるものの8局全て受信可能でした。北九州に関しては実用レベルで受信できるようです。
あと、予想通りなのですが宮崎のMRTもとても強力に届いていました。自宅では受信がとても困難だったので確認できてよかったです。

FM補完局の帯域調査を終え、次は76-90MHzの帯域を調べます。こちらはトヨタ純正ナビでの調査となります。

受信周波数 受信局 送信局 受信評価 備考
76.1 Love FM 久留米 4
76.3 FMさいき 佐伯 4
76.9 FMがいや 宇和島 1
77.3 FMわっしょい 防府 1 77.4MHzの混信あり
77.4 FM熊本 熊本 1 77.3MHzの混信あり
77.6 FM愛媛 八幡浜 1 送信アンテナが逆方向のためのノイズ多し。
77.9 FM山口 柳井 4
78.5 FM KITAQ 北九州 4
78.8 FM愛媛 大洲 1
79.2 FM山口 周南 5
79.4 NHK第一 大分 佐伯蒲江 4 NHK第一のFM補完局
79.7 FM愛媛 松山 1
80.0 FM福岡 北九州 4
80.7 FM大分 津久見 5
81.5 FM山口 美祢 4
81.8 FM大分 佐伯 5
82.1 FM愛媛 宇和島 3
82.7 Love FM 北九州 2
83.2 JOY-FM 宮崎 5
84.9 JOY-FM 高千穂 1
87.2 CROSS FM 行橋 0
87.4 ゆふいんラジオ 湯布院 2
88.0 FM大分 大分 5
89.3 FM大分 玖珠 5
89.5 JOY-FM 延岡 3
89.9 NHK第一 大分 4 NHK第一のFM補完局

以上のような結果となりました。例によってNHK-FMは大杉状態なので省いています。九州方面が多いのは立地条件もあるんでしょうね。

FMの受信調査を終え、14時半に撤収となりました。

国道197号を松山へ向かう途中、ふと数日前にツイッターのタイムラインに流れてきた八幡浜局のことを思い出しました。
「そういや八幡浜局は旧瀬戸町の権現山にあったよな・・・ ついでに寄ってみよう。」

ということで国道の途中にある権現山への入り口を左折し、八幡浜局を目指すことになりました。
国道から権現山までの道は2車線で整備されており、特に苦することもなく到着します。

 RNB南海放送 八幡浜局の送信鉄塔です。
 中継回線のパラボラとエフナンの送信アンテナが目立ってます。
 送信アンテナを拡大。アナログ放送の名残で垂直偏波です。
 ここから91.2MHz 出力100wで送信されています。
 鉄塔の名板。合併前の住所なので西宇和郡瀬戸町になっています。
 
 2004年9月なので、比較的新しいようです。
 他にもFM愛媛の八幡浜局の送信アンテナもありました。

 左の3エレが送信アンテナ、右の5エレが受信アンテナです。

 受信している局は方角からして松山局かと思われます。
 南海放送の送信塔を駐車場から。

 頭頂部に地デジの放送アンテナ、その下にエフナンのアンテナ。

権現山の中継局の見学を終えたところで松山へ向けて移動開始し、本日の調査は終了となりました。

余談ですが、八幡浜から三崎町までの道中は77.6MHzの「FM愛媛 八幡浜中継局を聞きながら走っていました。
中継局がある旧瀬戸町までは特にノイズも無く安定して受信できていたのですが、権現山を過ぎてしばらくすると、
電波が届かなくなったのかバサバサと不安定になり、ノイズも乗るようになりました。アンテナの指向性を実感できる中継局です。


inserted by FC2 system