大分県のテレビ局 受信状態

新居に移り、タワーの上のアンテナで一番良好に受信できる県外局が大分の局です。
以前に住んでいた借家ではアンテナの方角を変えられなかったために受信状態がイマイチでしたが、
ローテータを装備している今は、隣接障害から逃れるための微調整も簡単にでき、良好な受信が可能です

そんな豊後水道を挟んだ対岸の大分県の放送局の受信状態です。アンテナの関係上、UHFのみになります。

別府UHF : 大分県別府市野田(十文字原・別府湾SA南) 出力:10kW

36ch TOSテレビ大分
伝播状態「不良時」 伝播状態「通常時」 伝播状態「良好時」
24ch OAB大分朝日放送
伝播状態「不良時」 伝播状態「通常時」 伝播状態「良好時」

我が家のアンテナから別府の十文字原までは、障害物などは一切なく地理的な条件はいいはずです。
しかし、大気の状態などで伝播状態が変わり、電波が弱い時もあれば強いときもあります。

通常であれば大体真ん中の画質で受信できますが、春〜秋の伝播状態がいい時は右のように地元局並みに映ります。
逆に、北九州方面からの電波が強くなったときは大分方面からの電波が弱くなるような傾向があり、左の画質になります。
基本的にタワーの上にはUHFアンテナしかなく、VHFのアナログ局は受信できませんが音声くらいなら取れるようです。



次に、同じ大分局の中でも比較的安定受信が見込める国東中継局の受信状態です。
国東中継局は大分県の国東半島にある中継局で、愛媛からは距離が近く、出力も100wあるので比較的受信しやすいです。
しかし、同一チャンネル混信やアンテナ特性の関係で我が家ではTOSくらいしか綺麗に受信できないようです。

国東中継局:大分県国東市国東町成仏(小門山) 出力:100w

40ch TOS テレビ大分 50ch OBS 大分放送 53ch NHK-E NHK教育
56ch NHK-G NHK総合 62ch OAB 大分朝日放送

見ていただけたらお分かりかと思いますが、まともに受信できているのは40chのテレビ大分のみです。
アンテナの特性が13-44chの関係で50ch以上のチャンネルはあまり受信できてないようです。
50chはNHK-E玖珠局と、53chはEBC川内局やYAB東和補完局との混信があり、ビートノイズが出てます。
LS20では受信できていた62chも、今となっては音声がかすかに聞こえる程度でほぼ受信不可になってしまいました。

余談ですが、実家に建ててあったアンテナでは夏場になると50chのTOSがNHK-Eに乗っ取られる現象が起きていました。
普段は混信源でしかない玖珠局が異常伝播で一時的に強くなり、OBSを潰してしまったと思われます。
戻る
inserted by FC2 system