ファイル09 愛媛県喜多郡内子町 VHF波調査

今回は喜多郡内子町(旧内子町)でのVHF波の調査です。

先日、息子の保育園の行事で、大洲市にあるとあるぶどう園へ行ってきました。
その道中で、民家などの屋根の上に建てているアンテナを観察していました。
すると、内子町に入ったところ辺りで、見慣れぬVHFアンテナが建っていました。


※ 調査当日に撮った写真です。

このように、地元中継局用のUHFアンテナの上にVHF-Hiの10素子が乗ってます。
しかも、何故か山へ向けてあるんです。方角は北方向です。松山の方角です。
何の為に建ててあるんだろう? と首をかしげながら運転していました。

後日、ネットであれこれ調べて見ると、何故建ててあるかが分かりました。
このアンテナ、な・なんと! 広島のRCC 中国放送を受信しているのです!
しかも山岳回析を利用して受信しているとの事でした。凄いなぁ・・・。

その昔、愛媛にまだ民放が2局しかなかった頃、TBS系を見るためにRCCを受信していたそうです。
内子町と広島民放V局がある黄金山は、直線距離にして約100km。
松山市内でも受信し難いのに、山岳回析で受信できるのかと驚きました。


何処まで受信できるのか。実際に内子町へ行き、調査してきました。

松山から国道56号を南へ約1時間で内子町に着きます。
周りを見ながら進むと、やがてVHFアンテナが建っている家を見かけるようになります。
さすがに国道沿いにはクルマを停められないので、脇道へ入ります。



このようなロケーションの場所へクルマを停めました。画面中央やや下は松山自動車道です。
目の前に山がありますが、アンテナはこの方角へ向いてるようです。送信塔はもちろんありません。
早速4chへあわせてみると、おぉ、綺麗に映るやん。ここまで映るとはびっくりだなぁ。感激でした。

以下は、この場所で受信できたVHF局の受信状態です。UHFは地元局しか映らないので割愛しました。

1ch NHK教育山口 周南本局 2ch NHK教育松山 松山本局
3ch NHK総合広島 広島本局 4ch RCC中国放送 広島本局
6ch NHK総合松山 松山本局 7ch NHK教育広島 広島本局
9ch NHK総合山口 周南本局 10ch RNB南海放送 松山本局
11ch KRY山口放送 周南本局 12ch HTV広島テレビ 広島本局

広島民放が予想以上のレベルで受信できることにある意味感動しました。
同じVHFの広島NHKは、送信所の違いからか、あまり良く映りませんでした。

1,9,11chは大洲局の可能性を疑ったのですが、11chに天気テロップが無いのでKRYと判断しました。
広島だけでなく、山口や松山のVHF局も山岳回析で受信できるようです。結構飛んでくるんですね。

広島UHF局はどうかなと31,35chへ合わせてみましたが、微かに音声が聞こえるのみでした。
周波数が高いUHFだけあって、電波は四国山脈を越えられないようです。

山岳回析での遠距離受信は、長野や新潟、山梨での東京波が有名ですが、こんな身近にもあったんですな〜。
この現象(?)を最初に見つけた内子町の先人は・・・電波ヲタだったのかも?(笑

余談ですが、数年前に内子町近辺で広島FMとFM山口を受信した事があります。
これも山岳回析で飛んできたんだなぁと改めて思いました。

出張受信 メインページへ
トップページへ

inserted by FC2 system